審査に落ちてしまったら

数多く申し込めばいいというものではありません

落ち込む

審査に落ちた後に、何も考えずに次の申し込みを行うのは危険です。

カードローン会社の審査では、「申し込みブラック」という制度があり、
この申し込みブラックというのは、「短期間に多くの会社にカードローンの申し込みをしている人」というのが対象になります。

 

そのため、申し込みブラックを回避するためにも、「何故審査に通らなかったのか」ということを考える必要があります。
ここで、一番多いのが、「年収が低すぎて、借りられる限度額が無かった」というものが多いです。

 

例えば、年収が100万円しかないのに、50万円の借入れ希望をしたというような場合です。
もしくは、年収が100万円で、一人暮らしをしているというような場合です。

 

前者は、借りることが出来るかもしれませんが、生活していくうえで、必要な金額を差し引いた場合、
返済することが困難だと思われてしまうので、少額であっても借りられないことがあります。
後者の場合は、一人暮らしなら、少なくとも月に8万〜10万円程度は必要となりますので、
その金額を差し引くと、返済金額が残らないというようになります。

 

カードローン会社は基本的に年収の3分の1以内なら貸してくれるようになっていますが、
生活がギリギリで収入が少ないという方は貸してくれない傾向にありますので、
そのような場合には、審査を受けても、時間の無駄になりますし、
申し込みブラックになる可能性もありますので、止めたほうが良いでしょう。

 

この申し込みブラックというのは、基本的に、「短期間に3社〜4社以上の申し込み」というのが、
条件となっているので、一度掲載されてしまうと、半年間〜1年間は消えません。
そのため、申し込みブラックにならないように、2〜3社の審査を受けて無理だったなら、
諦めて年収を上げる努力をしたほうが良いでしょう。

関連ページ

キャッシング会社はATM手数料でもチェック!
キャッシング会社の選び方。ATM手数料でもチェックしよう。
メリット
キャッシングはメリットがあります。ここでは代表的なものに触れておきます。